働き方

【ひとり起業家必読】コンサルの上手な活用方法!望む結果を最短で手に入れよう!

売り込まなくても売れるマーケティングを身に着け
自由な働き方を叶える
ProjectF主宰·大東めぐみです!

今日はいただいた質問にお答えしたいと思います。

<質問>
コンサルをつける時、どのような人にお願いしていますか。
また、どんな基準で選んでいますか。
そして、未開な物事に挑戦するときのマインドをおしえてください。

  1. コンサルをつけるメリット
  2. コンサルの活用の仕方
  3. コンサルを選ぶ基準

3つに分けてお答えしていきますね。

ぜひ最後までお読みください。

1.コンサルをつけるメリット

時間と労力がもったいない

私の好きなことばに「車輪の再発明はしない」があります。

車輪は人類の偉大な発明です。歩くよりも運動効率がよく、おかげで人類の移動が劇的に変化しました。

でも、いまからもう一度”車輪を発明する必要”はありません。
すでにだれかが作り上げて上手くいっているものを、再度作る必要はないんです。その車輪を応用して、
自転車や自動車をつくるところに時間を使うべきだと思います。

コンサルをつけてすでに経験している人から聞くことは、その”応用”に時間と労力を使うことです。

なにより早い  

先ほどの理由と少し似ていますが、自分でゼロからやることをコンサルの先生がいると時間が短くできます。

例えば「アメリカに行きたいと思った時に、あなたは何を選びますか?」大陸を歩いて、海を泳いで行きませんね。
船で行くこともあまりないでしょう。

ふつう飛行機に乗りますよね?

それがコンサルをつけるということです。

その方が目的地まで早く行けます。

非言語の部分を学べる 

コンサルの先生と1対1で会うと、
どんな服をきて、
どんな話し方をし、
どんな振る舞いをしているのか、
言語化されていない部分が学べます。

これは言葉ではおしえてもらえないことです。
実務的なこと以外も知ることができ、非言語の部分が自分のなかで蓄積されていきます。

これは本やセミナーでは学べないとても価値あるものだと思っています。

自分のケースを相談できる 

コンサルは、自分の話を時間をかけて聞いてくれます。

本やセミナーだとこちらは一方的に受け取るだけで、自分の細かい状況まで理解してもらえません。
コンサルだと
「私は今こういう状況です」
と説明して、
それについてピンポイントで回答してもらえます。

大東めぐみ

2.コンサルの活用の仕方

コンサルはする側にとっても、受ける側にとっても、最大の効果を生み出したいものです。

そのためには自分はどういう姿勢でコンサルを受けた方がいいのでしょうか。

(注意)ここでのコンサルは、1対1やグループコンサルをのことを意味します。
   見るだけのコンテンツなどではありません。

ゼロから100まで手取り足取り教えてもらおうとしない

コンサルは”自分のケースを相談できるの”ことが良いことです。
100%受け身で「私はどうしたらいいですか?」だとその人1人の意見しか聞けないんです。

それならコンサルじゃなくて、本やセミナーで十分です。
コンサルの視点を自分のケースに置いてもらうことが大切なんです。

「私はこう思うんですがどう思いますか」
「〇〇さんだったらこの場合どうしますか」

その人の視点をもらいに、自分のことを聞きに行きましょう。

基本的なことはやってから行く 

ブログコンサルで聞いた方がいいのは、
「自分のブログの文書はどうですか」
であって、
基本的なことを聞くのはもったいないです。
どこにでもある情報は自分で勉強して先にやっておく。
そのほうが自分もお得です。

その人に聞くべきことをきく 

サッカー選手に野球のことを聞いてはいけません。
その人の専門としていることを聞くべきです。
ぜんぶ最大限引き出すことを意識した方がいいです。
コンサルを受けるときは時間がかかりますし、お金もかかりますね。

その1時間をどう価値あるものにできるのかと考えた方がいいです。

3.コンサルを選ぶ基準

自分が望む結果を出している人 

望む結果出している人、もしくはその人のクライアントさんが結果を出している人にしましょう。
自分がブログで収益を上げたければ、その結果をはるかに出している人に聞くといいと思います。

おすすめしないのは「親しみやすい」「優しそうだから」という理由だけで選ぶことです。


”自分では気づけないこと”を見つけてもらうために、コンサルをつけるんです。

話しやすい身近な人に相談するというのは、ついついやってしまうことです。
でも時にはコンサルから厳しい意見を言ってもらうことも大切です。

直接会える人 

コンサルを受けるときは自分についてのフィードバックを受けるので、
直接会えないのはダメです。

自分について聞いてもらえる、自分について質問できることこそがメリットです。

人間性や在り方(好きかどうか)

望む結果を出していて会える人でも、好きじゃないならやめた方がいいです。
好きじゃない人の言うことは素直に聞くことができません。

その人みたいになりたいのか。
どんな生き方で社会に対してどういうビジョンを持っているのか。

その人の人間性も大事にした方がいいと思います。

コンサルが持っているコミュニティがあるといい

そのコンサルが好きで集まってきたメンバーなので、共感できる部分が多い人とつながりができます。
コンサルに聞くまでもないちょっとした悩みは、コミュニティの先輩に聞けるのでそれもいい点ですね。

最後に‥未開のものにチャレンジするときのマインドセット。
未来へフォーカスしよう!

始める前から不安に感じる気持ちはわかります。
どうやったら不安を消せるのか?それはフォーカスの問題です。

不安に感じるときは不安にフォーカスが当たっているんです。
「うまくいくかな」というのは過去に視点が向いているんです。

自分が今持っているもの、足りない部分にフォーカスすると不安になります。
過去の延長に未来があると思っているからです。

未来にフォーカスを当てましょう。

これをやったら何が得られるか。
うまく行ってる人は何をやってるのか。

未来にイメージを向けて、そのために今できることを考えていきます

未来にフォーカスを当てると、今何をやらなければいけないか明確になります。

自分に足りない部分は学べばいいし、人の力を借りてもいい。
目の前にやならいといけないことがたくさんあるので、不安が減っていきます。

これが”未開のものにチャレンジするマインドセット”だと思いますよ。

大東めぐみ
「自由な働きかた」を手に入れるメール講座

起業スタートアップLessonお申込みフォーム

「自由な働き方」とはwebマーケティングを活用した、場所と時間にとらわれずに、自分の得意やスキルをサービスにしていける働き方です。

このレッスンでは発信・サービス設計など「自由な働き方」を叶えるために必要な学びをお届けしていきます

メールアドレス ※必須
名前(姓)