ライフスタイル

【ウィズコロナ時代の価値観】新しいニーズから見る理想のライフスタイルとは?

売り込まなくても売れるマーケティングを身に着け
自由な働き方を叶える
ProjectF主宰·大東めぐみです!

新しい日常になり、私たちの暮らしは大きく変わりました。

広告会社の調査からも、人々の消費志向が大きく変化したことがわかります。

家で過ごす時間の充実度が求められ「だれかに見せるため」の外向きの関心より
「自分がどう過ごすことが幸福か」の内向きの関心に変わってきているように思います。

私たちが持つ”理想のライフスタイル”はコロナ禍によってどんな変化があったのでしょうか。

マーケティング的視点で見たい
「ニーズが高まった7つの商品」

2020年4月にNKBという広告会社のリサーチで「自宅での消費活動や過ごし方」に関する

アンケート調査が行われました。
http://www.nkb.co.jp/news/202004232329.html

初めての緊急事態宣言の際に、どのような消費が伸びてどのような商品が売れているのかを
調査したものです。

ニーズが高まっている商品について7つに分けられています。

  1. おうち時間を充実させるもの
  2. エクササイズを家でする商品
  3. 趣味に没頭系、エンジョイ系
  4. 趣味、実益をかねたてづくり型
  5. 自己投資の商品
  6. 自分見つめ直し系
  7. 癒し系

1、おうち時間を充実させるもの

インスタント食品ではなく、丁寧に料理をしておうちでのご飯をおいしくしたい。
ちょっといいお肉を買いたい、パンを家で焼いてみたいというニーズですね。

2、エクササイズを家でする商品

ヨガ、ピラティス、筋トレなどに関する消費です。
外に出られずに運動不足になるので、体を動かしたいというニーズに応えた商品です。

3、趣味に没頭系、エンジョイ系

漫画を見る、アニメを見る、映画を見る
これまでなかなか時間が取れなかったコンテンツを消費する時間です。
お家で趣味に没頭する時間も今伸びていますね。

4、趣味、実益をかねたてづくり型

ハンドメイド、料理など。
私もガーデニングをはじめました。
お野菜もとれるし、土に触ると人間は本能的にリラックスできます。
ベビーリーフ、トマト、バジルなど収穫すれば食べられるものをつくる、実益を兼ね備えた趣味ですね。

5、自己投資の商品

多くの人にとって通勤など浮いた時間ができたので、自己投資したいというニーズですね。
このような状況で将来に対して不安もあるので、いかにして将来にスキルアップできるか
どうすればこの時間を有意義に過ごせるかと、自己投資をしたくなるんです。

6、自分見つめ直し系

断捨離など部屋の片付けや自分の振り返りに対する消費です。
私個人的には、コーチングとかマインドフルネスへの需要も高まるのではないかと思っています。

7、癒し系

毎日コロナ関係のニュースを見るとストレスフルなので、いかに自分を癒してあげるか
という商品です。
人は緊張していると交感神経が優位に働き、気持ちが休まらないんです。
アロマを焚いたり、お風呂に入ったり、リラックス系のニーズがあることがわかります。

以上、7つの分野での消費が積極的になっています。
人々が求めるニーズが変わったことがわかります。

価値観は日々変化する。ウィズコロナで人々の”理想のライフスタイル”はどう変わった?

”理想のライフスタイル”を描くことは、なにが自分にとっての大事なのか深ぼりすること

だと思っています。

  • 自分がどうありたいか
  • どう生きていきたいか

私は「自分の価値観に沿って生きている時」が一番幸せな人生だと思います。

そのためには自分の価値観を明確にする必要がありますし、
その価値観は、時とともに時代とともに変わっていくものだと感じます。

今までだったら「ひとつの憧れ」みたいなものがあったわけです。
都市でタワーマンションに住む、高級レストランへ行く、ブランドバッグを持つ‥。

でもウィズコロナ時代になって、人と会うことが減り
「自分がどういうふうになりたいか」が変わったように思います。

例えば

  • 家の中をどれだけ充実させているか
  • どれだけ体にやさしいご飯つくっているか

そういうことの方が憧れになるんじゃないかと思うんです。

私が始めたガーデニングも、それが高じて「自分の畑を持ちたい」ということに
なるのかもしれません

「予約の取れない東京のレストランで食事する」憧れが
「自然豊かな自宅のテラスで開く手作りピザパーティー」に変わるかもしれません。

理想とするものはどんどん変わっていくのではないかと思います。

関心が外から内へ?自分への探求。
自分の幸せにフォーカスする時代へ

つまり外側に対して向けていた関心が、内側に向くのではないかということです。

どれくらいお金をもっているか、どれくらい成功しているか、という外側に向けて見せているものではなく、
内側の自分に向かい合えるようになったんです。

自分への探求です。

私は本当は何が好きなのか、やりたいことは何か。

誰にも見せないんだったら、実はダイヤモンドもいらないんじゃないかということです。

「人に見せる必要がなくても、私は本当にこれを買うんだろうか?」って
たくさんの人が気づくんじゃないかと思っています。

人がどう思うかとか、どう見せたいのかではなく
「家で過ごすのに、どんな24時間だったら自分は満足するのか」

もっと自分が幸せになることに、フォーカスできるんじゃないかと思います。

私が思う理想のライフスタイルは「自分や周りの人を大切にすること」です。

人に顕示欲を出すことではなくて、身近な生活とか、基盤を大切にしていくことが
ライフスタイルとして理想になっていくのではないかと思いました。

みなさんはいかがでしょうか?

大東めぐみ

「自由な働きかた」を手に入れるメール講座

起業スタートアップLessonお申込みフォーム

「自由な働き方」とはwebマーケティングを活用した、場所と時間にとらわれずに、自分の得意やスキルをサービスにしていける働き方です。

このレッスンでは発信・サービス設計など「自由な働き方」を叶えるために必要な学びをお届けしていきます

メールアドレス ※必須
名前(姓)