マインドセット

【何をやっても続かない】原因は?行動を起こすゴールデンサークル。”なぜ”から始めよう!

売り込まなくても売れるマーケティングを身に着け
自由な働き方を叶える
ProjectF主宰·大東めぐみです!

今日はいただいた質問にお答えしたいと思います。

<質問>
めぐみさんは以前、朝起きて思うことをノートにたくさん書いていると話されていました。
私もノート術をやってみようと試したことがありますが、続きませんでした。
何かおすすめのノートの書き方や活用法ありますか?

実は今日お答えしたいのは、書き方や活用法ではなく”なぜノートを書くといいのか”の部分です。
この”なぜ=Why”がふに落ちていないと、人はなかなか行動できないからです。

行動を起こすためのゴールデンサークルについてお伝えしたいと思います。

ノート術意外にも使える考え方ですので、ぜひ最後までお読みくださいね。

やり方を知る前に考えたいこと。”なぜ=Why”がふに落ちないと、人は続けられない。

今回の質問に対して、もし私が「こんなノートにこう書けばいいと思いますよ」といっても
おそらく質問者さんはノートを続けられないと思います。

なぜなら”なぜ=Why”がふに落ちていないからです。

  • なぜそれをやらないといけないか
  • それにどんなメリットがあるのか
  • ノートを書くことでどんないい未来があるのか

それがわからないと行動が起こせないし、続けられません。

正直言って、書き方や活用法はなんでもいいと思います。私も書き方はいつも適当です。

ノートに書くことでいいことは何なのか?それをふに落とすこと。

Whyの部分が大事です。

なぜノートを書かないといけないのか。
自分の感情を知らなければ、いけないからです。

  • 自分は何をかんがえているか
  • 自分は何が欲しいのか
  • 自分は何を大切にしているのか
  • 本当に得たい感情はなんなのか
  • なんでそれをやるのか

それを知るためにノートを書いてくださいと私も言っています。

順番をどうやったらいいのか、活用方法、オススメのやり方をきくけれど

それ以前に、なぜそれをやるのかがふに落ちないとできないということです。

『WHYから始めよ』世界的に優れたリーダーにある共通点。
”なぜ”をまず明確にしよう!

”なぜ=Whyから伝えるべきだ”

サイモン・シネック氏が提唱するゴールデンサークルという考えがあります。

このアイデアを伝えるTEDの動画が人気を呼び『WHYから始めよ』という書籍にもなっています。

サイモン氏は、優れたリーダーはWhy→ How →Whatから伝えていると解説します。

彼の言うゴールデンサークルとは、
中心にWhyがあり、
その外側にHow、
さらにその外側にWhatがあります。

リーダーはどのように人を動かすかという話なのですが、自分自身に影響を与えるときも同じ理論だと思うんです。
自分が自分のリーダーになって行動させるという感じです。

Whyとは、目的やビジョン、ゴールなんです。

これによってなにが得られるのか。
これがなぜ=Whyの部分です。

ここがちゃんとふに落ちないと動けないんです。
そのあとにHowとwhatが入ってくるんです。

Howはどうやってノートを書くか、Whatの部分が何のノートを使うか、になるんです。

何かしたいと思った時にまず「なんのために?」というビジョンを持ちましょう。

これはどんなことにも当てはまると思います。

例えばダイエットなら

「人前でステキに振るまえる自分になる」
「健康的な食事や運動をしてもっと生産性の高い人間になる」

このようなビジョン=Whyの部分をまず考えます。

そしてHowになるんです。メソッドに進みます。

「糖質制限しよう」
「半断食しよう」

そのあとにWhatがあるんです。

「それならあれを買おう」
「これを使おう」

多くの人はHowやwhatから行ってしまうんです。

「このノート買ったら上手くいくかな」
「ノートの活用方法がわかれば書けるかな」

サイモン氏も語っています。

多くの企業は商品について先に説明してしまうけれど、
サービスを言う前に

”どんな社会にしたいのか”
”どんなビジョンがあるか”

を伝えるべきだと。

このお話は私にとっても、本当に心に響きました。

日頃から自分に対しても相手に対しても、そのように伝えたいなと思っております。

ぜひみなさんも”なぜ=Why”から始めること、意識してみてくださいね。

「自由な働きかた」を手に入れるメール講座

起業スタートアップLessonお申込みフォーム

「自由な働き方」とはwebマーケティングを活用した、場所と時間にとらわれずに、自分の得意やスキルをサービスにしていける働き方です。

このレッスンでは発信・サービス設計など「自由な働き方」を叶えるために必要な学びをお届けしていきます

メールアドレス ※必須
名前(姓)