マインドセット

【欲しいものを10倍手に入れやすくする】方法!「明確に」言葉にするとなぜいいか?

売り込まなくても売れるマーケティングを身に着け
自由な働き方を叶える
ProjectF主宰·大東めぐみです!

「秘書を探している」

たまたま同じ日に、同じ内容の相談を2人から受けました。

1人はとても具体的に「こういう人を探している」と伝えてきてくれて、
もう1人は「背中を押してくれる人‥」という抽象的な話でした。

具体的に言ってくれた人に、私はすぐ人を紹介することができました。
でも、抽象的だった相談には、何のアクションを起こすこともできなかったのです。

これはとても象徴的だなと思いました。

欲しいものは、明確に具体的な言葉にしなければ手に入らないということです。

「具体的な言葉にする方法」も紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

知らないと損する?望む結果を手に入れるため「明確さ」は力になる理由。

ひとりの女性は、今まで頼んでいた事務の人が辞めてしまうので、次の人をさがしているとのこと。

「問い合わせ対応、動画を編集、データ入力をして、月に〇時間の作業が、〇くらいの値段でできる人」
と詳しく、細かく、具体的な方法を言ってくれました。

それだけ明確になっていると、こちらもイメージがつくんですよ。

「じゃあ、あの秘書さんがいいかな。聞いてみよう」と連絡したら、
あっという間に決まっちゃたんです。
仕事を受ける方も、紹介する私もムダな労力なしで話が済みました。

一方の女性は、
「秘書さんが欲しいんですよ。
 私はスケジュール管理もニガテだし、細かい数字もニガテだし、
 とにかくちゃんとするのはニガテだから、背中押してくれる人が欲しいんですよ〜」

‥気持ちはよくわかります。

しかしその抽象度だと、それは誰に何を頼んだらいいかわからないです。

おそらくそこまで明確になっていないということは、今すぐ欲しいわけではないんだと思います。
でもこのままだと、いつまでたっても良い秘書さんと出会うことはできません。

何が欲しいのかが明確になっていないと、紹介する私の方も
「じゃあどんな人がいいんだろう‥」
と考えるのもむずかしく紹介しにくいんです。

具体的で明確な希望ほど、手に入りやすいということです。

抽象度が高くて、不明確な状態、粒度があらい状態だと手に入りません。
なぜならそれは、手に入るプロセスが起こりにくいからです。

私の大好きな言葉に「明確さは力である」という言葉があります。

具体的に細かく明確であればあるほど、ものすごくクリアで伝わりやすいんです。

伝わりやすいと、人に行動を起こしてもらえ、結果的にあなたの望む人が現れますよということです。

言ってはいけない!?「麺が食べたい」さあ、もっと具体的に!

抽象的とはどういうことかと言うと「麺が食べたい」と言ってしまうことです。

「今日何食べたいんですか?」と聞かれて
「麺が食べたい」みたいなそういう答えです。

それでは何が食べたいのか分かりません。

  • うどんが食べたいのか
  • お蕎麦が食べたいのか
  • ラーメンが食べたいのか

どのお店に行ったらいいのかも分からないし、お店に行ってもうまく注文できません。
「麺が食べたい」ぐらいの解像度で見ていると、適当に見てしまうんです。

だから、一番最初にたまたま出会ったうどん屋さんに入ってしまって、オススメの麺が出てきて、
「あれ?なんかちがうな」
ということになってしまいます。

では、具体的に明確に言語化されているとはどういう状態でしょう。

今日はさっぱりしたものを食べたい
   ↓
和風のスパゲティが食べたい
   ↓
しそと大根おろしの明太子スパゲティが食べたい

自分の中で言語化してイメージできていたら、そのメニューを置いていそうなお店に行きます。
だから欲しいものが手に入りやすくなるんです。

これはすべてに言えることです。

恋愛、旅行先、やりたい仕事‥自分の中で具体的に言語化されていないと、チャンスに飛びつくこともできません。
もっともっと言語化しましょう。

「こういう仕事がしたい」と言っておけば、紹介してもらえることもあるかもしれません。

「自分の中で何がやりたいのか」明確になればなるほど、それを手に入れる可能性は高まります。

今すぐできる!欲しいものを「具体的な言葉にする2つの方法」

  1. 細かく考える
  2. とにかくやってみる

まずは「細かく考える」と意識すること。

目の前のものを大ざっぱに見るのではなくて、もっと細かくみます。

  • 何でこの店はこれを使うのか
  • なんでこの味を使うのか
  • これは何なんだろうかと

細かく考える癖をつけます。これは意識の問題ですね。

もう一つは、とにかくやってみるということです。

物事の解像度をあげようと思ったら、とにかくやってみるしかないんです。

冒頭の秘書を探していた女性は、これまで事務サポートを使った経験がありました。
だから具体的にできたのです。
でも、後者の女性は一度も事務サポートをお願いしたことがなかった。
言語化できないのは、当然かもしれません。

最初は粗くてもいいから頼んでみましょう。

「自分は1ヶ月にこれぐらいの仕事量をお願いしたいんだ」ということが分かると、ますます具体的になって、頼みやすくなります。

上達は何でもサイクルです。

やってみて、定義して、さらにうまくいくと、また頼むことができて、具体的にお願いができます。

ぜひ2つのポイントを意識して、欲しいものを明確にしてみてくださいね!

「自由な働きかた」を手に入れるメール講座

起業スタートアップLessonお申込みフォーム

「自由な働き方」とはwebマーケティングを活用した、場所と時間にとらわれずに、自分の得意やスキルをサービスにしていける働き方です。

このレッスンでは発信・サービス設計など「自由な働き方」を叶えるために必要な学びをお届けしていきます

メールアドレス ※必須
名前(姓)